新着情報

炎症性粉瘤に抗生剤だけ処方してもあまり意味はない。

2016.11.15
粉瘤(アテローム)が腫れると炎症性粉瘤と呼ばれる痛みの強く赤く腫れた状態になります。この状態になると、「少し炎症が引くまで、抗生剤を飲んで様子を見ましょう」という話になることが多いですが、実は抗生剤を飲んでもあまり意味がないことが多いです。 というのも、炎症性粉瘤はそもそも感染により腫れているのではなく、粉瘤が破裂し、その内容物が皮膚の中は皮下に漏れることで炎症を起こしていることが多いからです。 さらにもし感染を起こしている場合も、粉瘤内部に膿がたまっている場合が多く、抗生剤が届くとは考えられず、やはり抗生剤は無効ということになります。 炎症性粉瘤はすぐに手術を行わなければいけません。 すぐに手術を行い、膿や粉瘤に溜まった角質を取り除き、よく洗浄する必要があります。技術的に可能なら、粉瘤の壁も全て取り除くことが望ましいです。というのも粉瘤の壁が残っていれば、それに対する異物反応を起こし、やはり傷が治らず、痛みが持続してしまうからです。 当院では炎症性粉瘤の患者様には可及的速やかにオペを行い、なるべく粉瘤の壁も全て取りきることをモットーに治療を行っております。 その場合、治療は一回で終了し、速やかに痛みから解放されることと思います。 粉瘤が痛くなった方は、お気軽にご相談くださいませ。
お問い合わせ・ご予約はこちら

メール相談

初診予約

再診予約

三鷹院

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4-3-5松崎ビル2F
三鷹駅から徒歩10分、または三鷹駅南口からバス
バス停「三鷹第三小学校入口」で下車目の前
【休診日】木・日・祝日

新座院

〒352-0011
埼玉県新座市野火止5-10-26
新座駅 徒歩3分
【休診日】水・日・祝日

国分寺院

〒185-0012
東京都国分寺市本町 4-1-9
国分寺駅 北口より 徒歩2分
【休診日】木・日・祝日

久我山院

〒168-0082
東京都杉並区久我山4-1-9 久我山ビルディング2階
久我山駅  徒歩1分
【休診日】水・日・祝日

志木院

〒353-0004
埼玉県志木市本町5丁目25−8ドゥーセットビル3階
志木駅  徒歩1分
【休診日】水・日・祝日