当院の治療方針

1.手術跡をできるだけ残さない治療法をご提案します

hanafusa-doctor0001

皮膚腫瘍の治療の場合、どうしても手術などの外科的な治療で腫瘍を取除く必要があります。皮膚にできものができて、来院される患者様が一番気にされるのが、「傷痕が残らないか」ということです。

当院では、皮膚腫瘍の治療に際して、できる限り傷痕を残さない(低侵襲)方法で治療を行っております。医学の進歩とともに、あらゆる疾患に対する手術においてもなるべく傷が小さくなるように、なるべく患者様のご負担が少ないようにという流れ(低侵襲化)になってきており、当院でも強く意識して治療を行っております。



2.痛みを極力抑える治療を目指しています

130824_0110001

施術の際には、しっかりと麻酔を患部に行い、治療の際に痛みを感じないよう細心の注意を払っております。また、術後の痛みも、低侵襲の治療法を選択することで、必要最小限に抑え、患者様の日常生活に支障が無いように努力をしております。



3.唇やまぶたなどの、手術が難しい部位の治療も行っています

130824_0470001

当院では、唇やまぶたなどの手術の難しい部位の皮膚腫瘍も自信を持って治療を行っています。
院長が研修医時代、外科医として多くの手術を経験しており、その際に培った技術・経験を活かし、一般的に皮膚科では難しいと言われる 顏などの部位の手術にも積極的に治療を行っております。
keireki0001



現在、三鷹はなふさ皮膚科ではひと月(2013年11月の実績)あたり240人以上の皮膚腫瘍手術を担当させていたただいております。がん研究会からキャリアをスタートしたという特異なキャリアを生かし、通常の基準に満足せず、より厳しい独自の基準、こだわりをもって手術を行っております。

粉瘤やほくろなどの皮膚腫瘍でお困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

メール相談

初診予約

再診予約

三鷹院

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4-3-5松崎ビル2F
三鷹駅から徒歩10分、または三鷹駅南口からバス
バス停「三鷹第三小学校入口」で下車目の前
【休診日】木・日・祝日

新座院

〒352-0011
埼玉県新座市野火止5-10-26
新座駅 徒歩3分
【休診日】水・日・祝日

国分寺院

〒185-0012
東京都国分寺市本町 4-1-9
国分寺駅 北口より 徒歩2分
【休診日】木・日・祝日

久我山院

〒168-0082
東京都杉並区久我山4-1-9 久我山ビルディング2階
久我山駅  徒歩1分
【休診日】水・日・祝日

志木院

〒353-0004
埼玉県志木市本町5丁目25−8ドゥーセットビル3階
志木駅  徒歩1分
【休診日】水・日・祝日